2012年01月12日

早めの一級建築士登録申請をお勧めします!

このブログのベースは一級建築士を受験される方の少しでも足しになればという思いでやっていますが、今年からは「建築士」についての割合を増やしていきたいと思います。

合格された方は、一級建築士の登録申請を済まされたでしょうか。
早めの登録をお勧めします。
多くの方は、すぐに申請に行かれると思いますが、自分の経験上この記事を書いておきます。

早めの申請を勧める理由の1つは設備一級建築士、構造一級建築士の受験資格を確実に得るためです。

建築技術教育普及センター【資格付与講習】 構造設計一級建築士には
「構造設計一級建築士の資格を取得するには、原則として、一級建築士として5年以上構造設計の業務に従事した後、国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行う講習の課程を修了することとされております。」
とあります。
一級建築士試験に合格しただけでは、ただの合格した人です。まだ一級建築士ではないので、登録申請しなければ、一級建築士として5年以上の業務に従事に含まれないと思います。(直接確認していないのではっきりしたことは言えませんが…)

意匠設計しかやっていないから関係ない、という方もいるかもしれないですし、設備(もしくは構造)一級も特に必要ないと思う方もいるかもしれませんが、登録申請が早い方が可能性が広がります。
望む望まずに関わらず、何かの都合で明日から設備(もしくは構造)に特化した仕事をすることになるかもしれません。その時の蓄積で設備(もしくは構造)一級の受験資格を得られることも考えられます。

わたしは3月に申請したのですが、もっと早めに行くべきだったと後悔しています。
登録申請に関わるお金が8万円かかってしまうのが難点なのですが、(同僚に受かった受かった詐欺じゃないのか、と言われました。本当にそう思います。)いずれ払うことになるお金なので、工面してでも早めをお勧めします。

一級建築士の登録申請の方法は、一級建築士免許証明書にわたしの申請時のことも含めて簡単に書いています。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村


【関連する記事】
posted by yh at 11:22| Comment(0) | 一級建築士登録申請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

落ちた方へ 来年もがんばってください!

約一カ月前に2011年度の合格発表が終わり、さまざまな思いの方がいらっしゃると思います。
このブログのベースは一級建築士を受験される方の少しでも足しになればという思いでやっています。

いきなりですが、落ちた方は、昨年のがんばりを無駄にしないように今年も受験してください!

考え方の違いなのですが…
前に働いていた会社の方で(といってもお会いするのはたまにだったのですが)資格学校に通い、一級建築士を受験し、学科が1点差で落ちたそうです。
その方は「お金がもったいなからもう受けない」と言っておりました。
わたしは、受からないまま終わってしまった方が、その資格学校に払ったお金分もったいない、と思いました。
また、一点差で落ちても0点で落ちても結果は変わりないですし、そのために使った時間や労力は建築の勉強には十分なるにしても、合格してこそ納得のいく時間として消化され活かされていくと思います。

わたしの周りの人たちの話なので、多くの方に当てはまるのかわかりませんが、ここ数年合格された方は、仕事や仕事+家事、介護を忙しくこなしながら、学科の勉強をし、製図を書いていました。大変な時期でも受かる人は受かっています。

偉そうに言える分際ではないのですが、落ち続けた時の自分に会えるなら上のことを言いたいと思います。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村
posted by yh at 14:34| Comment(0) | アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

建築家バービー現る!

この秋に「建築家バービー」が誕生するようです。
しかも、バービー自身が設計したという「ドリームハウス」も発売されるようです。
さすがバービー。
Barbie、今度の職業は建築家! 世の中の流れは抑えてます。: ギズモード・ジャパン
untitled.bmp
青い図面、ピンクのホルダー、ヘルメット、模型などの小道具がにくいです。
ワンピースのプリントはスカイスクレーパー。超高層も設計するのでしょうか。
模型の作品は完成した模様です。
123583-14.jpg

上のリンクのギズモードの記事にある通り、実際の「ドリームハウス」はコンペで選ばれた作品とのこと。
このコンペはアメリカ建築家協会(the American Indtitute of Architects)が行っており、アメリカ建築家協会(AIA)のメンバーであることが参加資格とのことでした。
Architect Barbie Dream House Design Competition(コンペ概要)

もともと「建築家バービー」も二人の女性AIAメンバーの協力のもと作られたとあるので(ネットの翻訳機能を駆使して読みました)、AIAも「建築家バービー」を是非とも作ってもらいたかったのだろう推測をしてしまいます。
Meet Architect Barbie(建築家バービの概要)

コンペと合わせて小さい女の子たち向けのワークショップも行ったようです。これはAIAの大宣伝になりますね。
http://info.aia.org/aia/architect-barbie.cfm

一方、華やかな建築家バービーの裏側ではこんな皮肉な記事もあります。
Architect Barbie Doll Comes with Dream House (But No Job)
(But No Job)…しかし、仕事はない…。現実は厳しいです。

一級建築士を目指すには多くの人が実務経験も含めた受験資格を得るので、
建築設計という仕事に「華やかさ」や「かっこよさ」を求めていないと思いますが、
建築とはあまり関わりのない仕事をしている人にとっては、「かっこよい」職業に
見えるのだろうなあと、建築家バービーの記事を見て思ってしまいました。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村



ラベル:一級建築士
posted by yh at 14:01| Comment(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。