2012年11月19日

難しい話をわかりやすく話す インターネットラジオ「ヴォイニッチの科学書」

わたしは、最後に試験を受けてから4年経ち、体験を通しての学科、製図試験に直接的関わる有益なことを伝えられなくなってきたように思います。
(もともと有益な情報だったかもわかりませんが…)
直接的に試験対策として有益なことを求めてご覧いただいてるようでしたら、以下はちょっと外れる内容です。

先日、サイエンスアゴラ2012に行ってまいりました。
そして、インターネットラジオ「ヴォイニッチの科学書」の公開録音を鑑賞?してきました。
「ヴォイニッチの科学書」とは、現在podcast(有料)で聞くことができる科学ラジオ番組です。
こちらからは(ページ右中ほど)、一部の回を無料版を聞くことができます。有料版と同じ内容です。

配信元のくりらじのページから引用すると

科学技術コミュニケーター中西貴之とアシスタントBJが最新の科学情報をインターネット放送局「くりらじ」からけっこうわかりやすくお届けするネットラジオ科学情報番組です。

という内容です。

サイエンスアゴラに行くまで、このラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」を知らなかったのですが、未来科学館のみらいCANホールに立ち見が出るほどの大盛況でした。

それもそのはずで、科学技術コミュニケーター(伝道師)の中西貴之氏の話が非常に面白いのです!(ブログも面白いです。)
くりらじのページにあることの繰り返しになるのですが、最先端の小難しい科学の話をちょっとしたユーモアを含めつつわかりやすく解説しています。

同じ科学技術コミュニケーターとしては、テレビでおなじみのサイエンスプロディーサー、米村でんじろう先生は実験に特化し、目に見えて体験できるものを通して、科学の面白さを伝えていますが、中西貴之氏は、話すことでより幅広い範囲を伝えるという手段を使っていると思います。

中西氏(この番組では「おびお」さんと呼ばれています)の話題は幅広いうえ、雑談感覚の気楽な感じで話を進めています。今回はホールでの公開録音で、静止画を映し出しての解説もありましたし、話す以外の手段を使うことももちろんあると思います。
ただ「話す」ことのみで、わかりやすく伝えるというのは、非常に高度な技術であると感じました。

中西氏の話を聞いていると、『ただ「話す」ことでわかりやすく伝える』技術は、仕事なり、生活なりでそれぞれの質を上げていくために重要な要素であると気づかされます。

科学と建築は根本的に密接なものでもありますし、何よりラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」が面白いので、これから毎週聞いていきたいと思います。

以上の文を読んだでいただいただけでは、 「ヴォイニッチの科学書」の面白さを伝えきれていないと思いますので、ぜひ無料版から聞いてみてください!

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村


posted by yh at 12:52| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

製図試験で女性特有の悩みにぶつかったとき

一級建築士の製図試験を受けた方、お疲れ様でした。

以下は、女性限定の悩みの件について書いています。

先日、製図の試験監督をした女性の友達から聞いた話ですが、生理用ナプキンを入れているポーチの置き場所についての質問を受けたそうです。

みんなコソコソ対応しているとは思うのですが、コソコソしていらぬ疑いをかけられたら、困るので受験者は質問してきたと思います。

試験監督が男性のみで、男性に聞きに行くのは相当なストレスだと思います。

そこで、コソコソしないで、試験監督に置き場所等を聞きに行かなくて良い方法をぱっと、思いつくことを書いてみます。

・試験の日は、大きなポケットのついている服を選択し、入れておく。
(無印良品のワンピースは大きなポケットが両サイドについているものが多いように思います)

・ハンカチポーチに入れておく。

(最近、街で見かけました。ありそうでなかった便利グッツですね。)

以下は、その他思いつくままに書いています。
・ポットにお湯を入れていく。
・ポットにメンディングテープで薬を貼っておく。
・効く(自分に合う)薬を見つけておく。
・貼るタイプのカイロをポーチに入れておく。(お腹と背中に貼ると相当の冷え対策になります)

男性のみなさんにはわからないことなのですが、とてもやっかいです。
人にもよりますが、わたしの場合は、目の前にいたら殺人鬼がいたら「殺してください」と立候補したくなるくらい、具合が悪くなります。
それから、手のひらから濃い汗(脂汗?)が出てきて、シャーペンがすべってうまく線が引けなくなります。
女性のみなさん、試験の時にあたったらどえらいことではありますが、それを乗り越えられると信じています。乗り越えられなさそうなときは、事前に病院に行くことしか対策はなさそうです。

いつも思うのですが、こういうことをコソコソすることは結構大変です。
だから、コソコソしなくてもよい雰囲気になればよいと思っています。
ただでさえ具合が悪いなど負担があるのに、男性の試験監督にポーチの置き場所についての質問することになったら精神的にまいると思います。
製図試験は、精神的不安や問題点を出来るだけ無くし、無くならないものなら軽くし、当日渡される今まで誰も見たことのない課題に集中できるかがカギであることは、受験者は共感して頂けるのではないでしょうか。だからこの問題は、身体的にも精神的にも過酷な状況に追い込むことが想像できると思います。

学生の頃、フィリピンでホームステイしたとき、ホストファミリーに小学校高学年くらいの年齢の女の子とその弟がいたのですが、お母さんが弟にお姉さんが今日はどうして具合が悪いか、どういうことが起こっているか、きちんと話していて、良い家族だなー、と思った経験があります。
フィリピンで国全体がそのような雰囲気なのかはわかりませんが、そういう教育をしていく方が最終的に女性も男性もストレスが小さくなるのではないかと、今回の件で思った次第です。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村
posted by yh at 12:49| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

暑さ対策 扇子かうちわ

学科試験の会場によっては、冷房の温度が高めのところがあるようです。

扇子かうちわの使用可の場合も予想されます。二級でのある会場ではそうだったとのことです。
posted by yh at 07:52| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする