2012年07月04日

スマートハウスにご興味ある方はぜひ!

わたくは東京建築士会青年委員会というところにいるのですが、
そちらで大変面白そうなセミナーがありますので、ご案内いたします。
参加人数に余裕がありますので、東京近郊の方はぜひ注目してください。
懇親会では建築家の山下保博氏、リクシル総合研究所の小田方平(おだまさひら)氏とも、さらに深いお話しが伺えるかもしれません。
スマートハウスについての想い、考えがある方には、有意義な内容になると思います。

ブリッジ連続講座 vol.4「再生」―スマートハウスとは―

日時/平成24年7月6日 18:00〜20:30

会場/(社)東京建築士会 会議室
中央区晴海 1-8-12晴海トリトンスクエア オフィスタワーZ4F

第1部 : アトリエ天工人の山下氏 講演
第2部 : LIXIL(リクシル)総合研究所の小田氏 講演

第3部 :講演を受けて、建築関係者で考えるワークショップ

これからの住まいの「賢く」「快適な」暮らしについて意見交換し​ます。
※5〜7名を1グループとし、自由にアイデアを出しあいながら,​新たな気づきを創出しましょう。

※名刺1枚を必ずご持参ください。名札としてお使いいただきます​。

自信を持っておすすめできる、面白いイベントになると思います。
ご興味がありましたら、ぜひご参加ください。詳しくは下記ホームページをご覧ください。
http://​www.tokyokenchikushikai.or.jp/​95_event/ind_event.htm
__________________

尚、ワークショップ終了後に以下のお店で懇親会(自由参加)を予​定しています。

ワークショップの時間は限られていますので、改めて講師のみなさ​んや
メーカー関係者との親睦を深め今後の活動につなげて頂ければ幸い​です。
※懇親会に参加される場合は、別途3,500円を当日お支払い頂​きます。
懇親会会場「よかたい」 http://r.gnavi.co.jp/g093406/

懇親会の領収書の必要な方は、あらかじめお申し出いただきますと​スムーズです。

セミナー・懇親会申込み先はコチラ  event@tokyok​enchikushikai.or.jp

******************

以下、ご案内および紹介サイト
・建築士会ホームページ 催し物案内
http://​www.tokyokenchikushikai.or.jp/​95_event/ind_event.htm

・建築系検索エンジンKenKen!
http://www.ken2-jp.com/​event.cgi?event=1340684970
posted by yh at 18:49| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

学科製図.comの本試験講評会

学科製図.comさんでは、本試験講評会を行っています。

場所は東京と大阪です。
詳細は以下コピー&ペーストです。

東京
日時:10月16日(日曜日)15:00−17:00程度
場所:渋谷区内の公共施設(お申込み者に場所を連絡)
内容:本試験解題、ポイント、今後の方向性、質疑応答
費用:無料
参加資格:本年度受験生、来年度受験生。OB。有資格者。
申込:zone@gakkaseizu.com  まで直メください。

大阪
日時:10月22日(土曜日)15:00−17:00程度
場所:学科製図.com大阪事務局
内容:本試験解題、ポイント、今後の方向性、質疑応答
費用:無料
参加資格:本年度受験生、来年度受験生。OB。有資格者。
申込:zone@gakkaseizu.com  まで直メください。

以上、学科製図.comさんからのコピー&ペーストです。

一級建築士試験は、試験の内容から今日そしてこれからの建築の流れを読むことができる手段の1つだと思います。
そのことについて大勢で話し合うのも面白いと思います。
来年学科を受ける方は、参加するとモチベーションアップになる内容ではないかと推測します。
参加無料ですのでお近くの方はいかがでしょうか。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村







posted by yh at 09:47| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

インターネット 申込開始

平成23年の申込が始まっています!
4月18日〜4月28日(木)午後4時までです。
みなさんもご存じの通りネットの環境は予測しないことも起こる可能性があるので、
今週中の22日(金)を締切と思い込んで申し込むのが良いかと思います。

話は変わりますが、わたしは日建学院の構造計算コースに通っているのですが、
講習中に隣の部屋から営業の方と一級のコースに通うか迷っている方の会話が聞こえてきました。
営業の方の話に納得いかない点がいくつかありました。
営業の方は「市販のテキストの内容は忘れてください」と言っておられました。
一級のコースのテキストで順番を追って勉強するから、まっさらな気持ちで受講してください、という意味だったのかもしれません。
わたしの経験上、市販のテキストの内容も十分役立っているし、一級の試験対策の勉強内容は実務にも大きくかかわることなので、些細なことでも忘れないほうが仕事をする上で有利です。

営業の方の話を聞いていたらいろいろ思うことが出てきました。

資格学校に通うことは、
・良くできたテキスト(実務でもわたしは時々見ます)で勉強できる
・モチベーションを維持しやすい
・計画的に学習できる
・定期的に模試がある
・教わったり教えあったりする仲間が出来る(かもしれない)

など良いこともたくさんあります。しかし、それに見合う金額なのかな、という点は否めないと思います。(特に日建学院はDVD講義ですし…。)
独学でも合格している方もたくさんいますし、自己管理さえできていれば、資格学校に通うわなくても目的は達成できます。(でも、わたしにはそれは無理だと思い、すぐに資格学校に通いました。)

わたしは3年間みっちり日建学院に通いましたので、本番の製図の試験が終わり「落ちたーっ」と思ったときは、もうすっからかんで次は独学で製図を続けるか、ローンで日建か総合資格に通うか、また落ちた時はどうしようか…、金銭的な問題で頭が痛かったのを覚えています。

コストパフォーマンスを考慮すると、学科の試験勉強ならテキスト付の合格物語をお勧めします。
お勧めしている理由は合格物語の活用にあります。

一級建築士の試験勉強していたときは、精神的にも金銭的にも負担が大きかったので、本当に大変だったなあと思います。
でも、受かれば良い思い出になりますので、頑張ってください!!

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村












posted by yh at 11:27| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。