2009年04月01日

一級建築士受験の動機

住居学科を卒業してから一年後、構造系の設計事務所に勤め始めました。

それから4年経っても、はっきりいって仕事ができない!

「できない」とは、仕事が身につかない、スキルが上がらない。

もともと構造を専攻していたわけではないとか、

成り行きで構造系の事務所に入ったとか言い訳しても、

堂々と「構造系の設計事務所で働いてます!」とはとても言える仕事の能力がない。

そんなことで、仕事に対する不安と焦りがどんどん大きくなってきました。

正直、私は仕事ができないのだから、何かそれを補う方法を考えたとき、

ふと浮かんだのが「一級建築士になる」ということ。

それから、足掛け4年、つらく長くも楽しい!?
一級建築士へのワインディングロードの始まりです☆
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村
posted by yh at 12:57| Comment(0) | 一級建築士受験の動機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする