2010年04月07日

法規のタイムトライアル!

総合資格のサイトでおもしろいページがありました。

法規のタイムトライアルテストです!


2009年学科試験の内容変更への対策でも、

書いていたのですが、

昨年2009年度から、法規の試験時間が変更になり、単純計算で

105分/30問=3分半くらい、で解かなければ時間オーバーになってしまうため、タイムトライアルにより、「本試験で求められるスピードを体感し、今後の学習の指針にしてください」とのことです。

3分半のタイマーと問題が同じページにでてきます。

腕時計や携帯の時計で計って問題を解くより、よりプレッシャーがかかるのではないでしょうか。

資格学校の通っている方は、20分程度の小テストが毎回出たり、合格物語を使っている方は、答えを出すまでの時間がPC上に出たりと、普段から問題を解く時間は気にされていると思いますが、

問題を解きながら、きっちり3分半を体感することはあまりないかと思います。

このタイムトライアルで、時間感覚をつかんでみるのもよい経験になるのではないでしょうか。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村












posted by yh at 01:59| Comment(2) | 一級建築士 新制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

2009年学科試験の内容変更への対策

今年、2009年から、2008年以前の【学科I(計画)】が分化して、【学科U(環境・設備)】が増えました。

あくまで、推測ですが、計画と環境・設備は、今までの計画の難易度と変わらないのでは、と思います。

また、環境・設備と名のつく【学科II】は、誰もが初めて解くので、そんなに構えなくてもいいかとも思います。

それよりも、【学科III(法規)】の30問1時間45分は時間的に厳しいですね‥。

新制度の法規の時間については、日建学院でわたしの担当だった方も、予想外と驚いていました。


2008年までは、計画25問と法規25問は合わせて3時間でした。

計画は40分くらいで解き、残り2時間20分くらいを目いっぱいを、法規にあてて、

法規1問あたり、140分/25問=5分半くらい、で解けばよかったのですが、

2009年は、105分/30問=3分半くらい、で解かなければいけません。

5択が4択になったとはいえ、正解枝として悩むのは、3つか2つだし、難易度が下がりそうもないし、

法規のスピードアップは、必須!!

とはいえ、受験者みんなが同じ条件です。あせらず、がんばってください!!
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
posted by yh at 13:04| Comment(0) | 一級建築士 新制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする