2011年04月12日

「建築士」が求められていると実感したこと

東京建築士会青年委員宛てのメールとウラ指導のブログ【被災建物の被害額積算業務】の募集を知りました。日本科学鑑定株式会社さんによる募集です。

まっさきに思ったことは、「建築士でなければできない業務なのだろうか」ということです。
しかし、募集の記事を読むにつれて、建物被害額を積算するという非常に責任のある業務であり、
対外的にも、その責任と能力を伴えて信頼できると判断するラインとして「建築士」としているのだと、解釈しました。


建築士でなくても仕事ができて非常に優秀な方もたくさん見てきました。
資格を取るとか取らないとか、こだわらなくても十分に仕事が出来ていたので(今現在そのような状況であるので)
建築士にならなかったのかもしれません。

今までは、仕事が十分に出来ていて特に自分には必要がないと思う方は「建築士」になんてならなくてもいいのでは、と思っていたのですが、
震災後は、さまざまな場面で「建築士」が必要とされる時が増えてくる傾向にあると感じています。

今年もそろそろ一級建築士の受験申込が始まります。(インターネットは4月18日(月)〜4月28日(木)まで)
受験される方は、さまざまな場面で活躍できる資格を取れることと信じてがんばってください!

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村


posted by yh at 12:09| Comment(0) | 建築士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。