2009年07月31日

シャープペンシル(躯体、文字、全般用)

設計製図の道具で一番重要で、人により好みがあるのが、シャープペンシルです。シャーペン自体もそうですが、芯の太さ、濃さもいろいろ試してみるとよいと思います。
わたしは、最初、大学の時セットで買ったコクヨの軽いものを使っていたのですが、
使っているうちに疲れるようになりました。
一級建築士製図試験では、適度に重さがあるほうが、使いやすいようです。
そこで、ステッドラーのシャーペンを使ったところ、
ズシっくる重さに安定感があり、非常に描きやすくなりました。
補助線以外の主な線はこのシャーペンで力強く描きました。
芯の太さは0.5mmです。
【STAEDTLER】ステッドラー レグ  ノック量調整機能付きシャープペンシル STAEDTLER REG Re...

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

posted by yh at 12:52| Comment(0) | 製図道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。