2009年07月05日

一級建築士免許証明書

一級建築士免許を申請するときに、必要な書類と解説です。

1、一級建築士免許申請書
社団法人 日本建築士会連合会のサイトにpdfあります。

2、一級建築士住所等の届出
社団法人 日本建築士会連合会のサイトにpdfあります。
ハガキサイズとありますが、A4でプリントアウトして、
ハガキサイズにきれいに切り取ればOKでした。

3、一級建築士免許申請書(電算入力用)
社団法人 日本建築士会連合会のサイトにpdfあります。

4、戸籍謄本(抄本)
→発行から6ヶ月以内のもの。

5、登記されていないことの証明書
法務局で手続きをします。空いていれば5分くらいで終わります。
郵送での手続きもできます。

6、証明写真
→パスポートサイズ。証明写真ボックスで撮ってもOKです。

7、登録免許税納付書領収書
→たいていの銀行で振り込めます。その際、記入例をプリントアウトしていくとよいと思います。わたしの行った銀行では、この手続きは慣れていないようで、この用紙を探すのに手間取っていました。
しかも、出てきた税納付書領収用紙は、昨年の年号入りで振込み先もコウジマチでは、なく別の場所でした。不安でしたが、二重線を引き、訂正し、無事に振り込めました。

8、申請手数料払込受付証明書
→郵便局で振り込みます。

9、合格通知書(製図の合格通知書)(原本)
→確認のためだそうです。わたしは確認された記憶がありませんが、覚えてないだけかもしれません。

10、本人が確認できる公的証明書
→運転免許書や、健康保険証や、パスポートなど。

11、認印


以上が揃い、住んでいる都道府県の建築士会に登録しにいきます。
この際、気をつけておきたいのが、
7、登録免許税納付書領収書と8、申請手数料払込受付証明書のコピーをとっておくこと!です。
以上の書類は提出したら、戻ってくることはありません。
会社が、登録料を負担してくれることになった場合、
コピーがないと、負担してくれなくなるでしょう。
それから、確定申告の必要がある方もコピーは必須ではないでしょうか。

2ヶ月ほどで登録された旨のハガキがきます。
それをもって再び建築士会に、免許をもらいに行きます。
以下が話題のカード型一級建築士免許証明書です。
昔、一級建築士免許を取った方には、珍しがられるので、アップします。
DSCN0741.jpg
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村


posted by yh at 08:41| Comment(0) | 一級建築士登録申請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。