2009年06月18日

法規が得意な人の協力を得る

法規が得意な人(達人)に

自分が模試等で間違えた問題を、達人に説明を加えて問題を解いてもらい、

その通りに問題を解くのを見てもらう、という流れを協力してもらうとよいと思います。

例えば、防火区画の問題だとしたら、達人は効率よく建物用途、建物規模、階数、

などのポイントをおさえて、正解枝に近づいていきます。

また、達人のポイントをおさえるために法令集に線引き、しるしが、わかりやすく書き込まれているはずです。

ポイントをおさえる順番、法令集の線引きをそっくりそのままマネしてみます。

そのとき、達人とは違う動きをした場合、達人が軌道修正してくれるとよいと思います。


法規の苦手な人は、おそらく法令集を引くのに効率の悪い引き方をしている方が大半ではないでしょうか。

コツコツ問題集等を繰り返し解けば、いずれは効率よく引けるようになり、

自分なりの問題の解き方を覚えることができますが、

成果が現れるのにかなり時間がかかります。

達人の解き方をマネすることは、法規の解き方のマニュアルをダイレクトに見れるので、

大きな時間の短縮になります。(達人には迷惑をかけますが‥)


理想としては、達人含め2〜4人くらいファミレスなどに集まり、一日くらい時間をかけるとよいと思います。

一日中、法規の問題を解き続けるのはキツイですが、法規が苦手な人ほど、即効でびっくりするぐらい問題が解けるようになります。

達人にこの方法をお願いしなかったら、生涯、法規が苦手で、一級建築士試験に合格することはなかった、と断言できます。

わたしは、日建学院の週2,3回来る質問を受け付ける先生にお願いしましたが、

資格学校に通っている方は、受講生同士で行うのも良いと思いますし、

身近にいなければ、営業の担当の方(アドバイザー)に相談すると、達人を紹介してくれるかもしれません。

他人の協力を得るとモチベーションアップにもなりますし、

情報交換の機会も増えると思います。

達人にはちょっと(非常に?)迷惑かけますが、

法規が苦手な人はぜひぜひ試してみてください!



にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村


posted by yh at 04:18| Comment(0) | 法規の苦手克服法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。